上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイヤモンド店を出てきた男を黒塗りのバンが追跡、覆面の二人によって男は拉致される冒頭・・・って、覆面姿が映し出された時から、ジヴァ達だとわかりましたが~(爆)。
男は、どうやら武器商人のようで、彼から情報を得るためにさらに加わったギブスも含めて冷ややかに脅す脅す、NCISのジェットの機上なわけだけど、実はシュミレーションなのかとまで思っちゃいましたよ。まぁでも実際にはちゃんと飛んではいたようで(笑)、情報得るだけ得たら、でもしっかりもちろんザイールなどには行かずサッサと引き返してましたが。
海軍の衛星システムであるアレスがハーロウと言う男によって売りに出させていると言う情報。
そしてその買い手として入札してる者のなかにジェンの命によりディノッゾが極秘任務について調べてもいたラ・グルヌイユのメンバーであるコルトもいたことから、話がさらに複雑に・・・。
なんせ、この任務、ギブスが例の休暇中~っつうか離職中の時のことなので、ギブスは知らず、コソコソと密談するジェンとディノッゾに対しても不審な顔のギブス。
ジヴァとマクギーでハーロウ拘束寸前だったはずが、ラ・グルヌイユ絡みとなると、迂闊に取り押さえられない。急遽尾行のみとなったところで気付かれ(ジヴァ達の間に割って入った二人組みは、あとから判明した事実によるときっと・・・一人はスパナチュにこの前出てきたセイレーン男でしたし(爆))、逃走するハーロウは、急な走りが身体に障ったためか心筋梗塞にて急死。もうこれでまたジェンのヒステリー気味な雷が・・・・。
ハーロウとの取引でラ・グルヌイユがアレスを落札したわけだが、取引に向うはずの肝心のハーロウが急死してしまっていては、せっかく現れるはずのラ・グルヌイユなのに・・・・っと、背格好年恰好の似たダッキーに身代わりの白羽の矢が立つ。(そうゆう流れか~。)

しかし、ダッキー的には、かなり危険を伴う任務なわけで・・・・一同ハラハラ、と言うか、見ててもハラハラ~。
そして、ようやく取引現場にジェンが執着するラ・グルヌイユの姿が。
ベテラン俳優アーマンド・アサンテ登場。
どうやら個人的な何か恨み(?)があるらしいジェンだけれど、いったいどんな?
(もう、今回もホントにカリカリ、キリキリと、その因縁絡みもあってウザかったんですが・・・。)
なんとか取引成立、もちろん直後の狙撃も待機中だったのだけど、急遽入った電話により、そのまま相手を行かすことに。なんと、先に急死したハーロウも、ラ・グルヌイユに潜入中のコルトもCIA。
ハーロウにより改造されたアレスを敵国イランが使用するとウイルスが~っと言うCIAの作戦下の動きだったらしく、結局NCISとしては、あわやその作戦の邪魔をしちゃうところだった?
・・・っと言うより、ハーロウを死なせちゃいましたわねぇ。(爆)
なんのことはない、この取引で目の前に現れ取り逃がしたラ・グルヌイユをまた次の機会には絶対~っと固執するジェンだったのでした。(なんだかよくわからないけど、私怨(?)ぽいし、どうもなぁ。)
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/686-1c62b88b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。