上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あれこれ観てはいても、特に日本のドラマに関してはアップをするほどでも・・・って感じですが(だいたい普通にシーズンごとの連続ドラマはチラっと観たら、もうそれでじゅうぶんってことが多いし、録っても観ないことも多々だし・・・^_^;)
ただ、今回、NHK総合及びBShiで始まったこのドラマは、ちょっと違うぞ~っと、別扱いで・・・カテゴリー分けまでしちゃったゾ(爆)。
全6話。主演は渡部篤郎、他に遠藤憲一、余貴美子、石橋凌・・・っと名前が連なると、そりゃきっと面白いに違いないだろう~っと、まず。
あ、他にも石田ゆり子あたりも出てますけどね。ま、そのへんは別に・・・ですが。(爆)
そして第1回のゲスト出演者名には、田口トモロヲっときた。
ちなみに、サイトも格好良いデス、少々コワいくらいな渡部さんがバーンと~”その男に、騙されるな”ですって(*^_^*)
NHK土曜ドラマ 外事警察

警視庁公安部外事4課というのが主な舞台。
街に深く潜行し、決して姿を見せない通称”ウラ”と呼ばれる特殊班だそうで~。
そのリーダー格、住本が渡部さん、任務の為に手段を選ばない彼には敵も多そうで、組織の中にも目を光らせてる者も・・・。
CIAから、日本に”FISH”と呼ばれる国際テロリストが潜伏~っと言う情報が入り、極秘に外事4課住本班が動くことになる。ターゲットは、外交官。彼を別件でマークしていた所轄の刑事らは、住本らに”ハエ”呼ばわりされ追い払われるが、その刑事のうち松沢は、なぜか急遽外事への研修命令が下り住本班へ。怪しい外交官ラモンは、車の事故を(わざと)起し、あるメーカーの社長、谷村に接触。谷村は、火災検知器製造のメーカーであったが、なぜか検知できなかったために火災事故に至ったと言う疑いをかけられ、現在その会社は傾いていて・・・。 しかし、どうやらその会社製造の爆発物探知器の改造利用で、むしろ爆発物をカバーし探知不可能にすることができることに目を付けたテロリストが狙っているらしい。その仲介の役割をどうやらこのラモンが担っているらしい。

困窮する会社の再建に、躊躇しながらも谷村がラモンの申し出を受けることを決意し、その取引現場での張り込みにより違法行為で逮捕されてしまう。その背景にも谷村が落ちるように配下のものを差し向けた住本の操作があった。もちろん、住本の狙いはテロリストに繋がるだろう外交官を操ることで、ある意味エサとなった谷村やその会社のことは単なる犠牲の一つにしかすぎない。

住本には家族もいるが、妻子にも自分の職業は知らせていない模様。たまに帰宅すると出張帰りを装っていそうだし。そして同じ住本姓の警官ファイルに事件による死亡者が・・・なんだか謎もあるらしい。
フラッシュバックでの少年時代らしき彼も何かありそうだし。

渡部さんに指示を出すのは警視庁警備局長な石橋凌。無謀捜査をかねてから内部調査でマークしてそうなのが遠藤憲一・・・なのかな。

なんらかの意図をもって、所轄から外事住本班に引っ張られることになった女性刑事が、少々ウザかったりしますが(爆)、久々の渡部さんの刑事モノ、メチャメチャ格好良いし、これは全6話ではもったいないほど~っと2話以降もチョット期待したい。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/687-820f1831

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。