上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンビニでイラン系男女二人の客が銃殺、現場に”国へ帰れ”との落書きが残されていたことから、人種差別的殺人と思われたが・・・。外は野次馬でごった返し、さらには銃声が・・・っと思われると爆竹のいたずらで、野次馬同士がこぜりあい、ボビーが取り押さえ収拾。
現場には自分の息子アミールの安否を気遣うやはりイラン系の母親と妹が到着。アミールは被害者ではなかったが、彼らの友人であったらしく、事件当時一緒に店に居たことは確認されるが、行方不明。被害者らは、専門学校生、二人には麻薬での逮捕歴があった。
店の防犯カメラには覆面姿の白人3人組の犯人グループが映っていて、現場からは車で逃走した模様。
クルーズは、コンビニのオーナーであるメリー・アンに話しを聴く。(24のニーナ!ブロンドでにこやかに登場(爆))。彼女はカメラに映った犯人グループの一人が自分の息子ジェフリーであること、他の二人も息子のサーフィン仲間であることを認める。
そして、犯人らから使い捨て携帯を使用しての連絡が入る。アミールの殴られたような顔が映しだされ、麻薬で稼いだ金を出さないと同様に撃ち殺すと・・・。人種差別的殺人から一転、麻薬と金絡みの殺人及び誘拐事件へと。
アミールの所持品やパソコン等の捜査が始まるが、ゲーム好きな優等生の彼のパソコンからも何もそれらしき情報が得られない。ただ不審なのは、参照ファイルが一つ見つからないこと。クルーズは、パソコン同様、ハードディスクを持つゲーム機にそのファイルが隠されていることに気付く。
ファラ、レベル10のキーワードが、ゲームの中に隠されていると判明、必死にゲームに挑むがなかなかレベルがクリアできず一同苦戦。そこでもアミールの妹の指の動きに目を付けたクルーズ、彼女に挑戦させると見事クリア(一同で背後で感心しながらクリアするのに声援を送ってる様子が面白かった!)、アミールの隠しファイルが見つかる。アミールは、ジェフリーらが麻薬の売買で稼ぐ金の会計係だったらしい。そして謎の送金先口座記録も。アミールと金の交換の連絡が入るが、クルーズは何か腑に落ちない。口座がジェフリーの母親メリー・アンのイニシャルと気付き、そしてアミールとメリー・アンの関係にも気付くクルーズ。その自宅に急行するが、既にジェフリーは共犯の二人を殺害して母親も拉致し姿を消していて、彼らが向った先は、銀行。ジェフリーがメリー・アンとアミールを銃で脅しつつ金の送金を強要しようとしているところへ到着したクルーズやリース。ジェフリーは、母親の愛情が自分に向うことなく、その全てがアミールに向っていたことに気付き凶行に及んでいた。事業の拡大に力を貸してくれたアミールとメリー・アンは親しくなっていたらしい。隙を狙いSWATがジェフリーを狙撃し一件落着。アミールも連行されていった。

夢のお告げ(笑)により、太陽光発電への投資を実行しようとするクルーズ、その下見をテッドに依頼。父親の後妻であるオリビアをクルーズは呼び出していたため、現れたオリビアを下見に同行させるテッド。彼女にすっかり心を奪われたらしく、ガス欠に気付くのも遅れ立ち往生、山中(?)で二人夜明かしすることに。朝になり、ようやく家に帰り着けたテッド、なんだかやけに幸せそうでしたが~(爆)。

5話でロマンがわざわざクルーズに伝えた言葉、”銀行襲撃事件で消えた金の行方を相棒に聞け”は、15年前のその銀行襲撃時には遠く交通整理に借り出されていた制服組の元相棒ボビーではなく、現在の相棒リースのことだった。エレベーターで、ボビーが何気につぶやいた言葉から銀行襲撃事件にやけにリースがナーバスになるのに気付いたクルーズは、捜査途中に少々ズルイ手を使い(笑)、PCでひそかに検索して判明する。当時彼女はもちろんまだ子供で関与していなかったが、なんとリースの父親がその当時のSWATの隊長だったとわかる。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/689-25826f3a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。