上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なかなか個別には書き出せないので、少しまとめてサワリだけ・・・(爆)

まず”CHUCK”
スパドラさんで、12月10日よりスタート、その前にカミングスーン特番もあった。
この”CHUCK”、実は”サラ・コナー クロニクルズ”のS1のDVD最終巻に1話のみおまけ特典挿入されていたので、かなり前にその1話のみは攻略済みなのだけど、スパイアクションもの(?)ではあってもコメディな要素がかなり入っていて、うーーん、面白くなくはないけど・・・出演陣もそれほど有名じゃないしなぁ~って感じでそのままにしていたぶん。まぁDVDに特典映像で入ってるってことは、TV放映はなくてもそのうちDVDになるのかな・・・っと思っていたら、スパドラさんでの放映ですか。
もちろん、ジョシュ・シュワルツ&マックGのコンビでの製作なので、そこそこユニークにイイ感じなのかも。アチラでは今回放映のS1はもちろん、S2も既に放映済み、S3に突入だとか、へぇぇ~ちゃんと続いてるんだっ!(笑)ジョシュ・シュワルツ=「The OC」「ゴシップガール」、マックG=「スパナチュ」ときたら、そりゃスパドラさんこれも頑張るしかないでしょうしね~(爆)。
特番プラス、もう一度初回のみを再鑑賞して、フムフム、やっぱ軽くノリで楽しめそうな感じ。
主役のチャック役の子より、冒頭で彼に国家機密を勝手に送信して、と同時に抹殺されちゃった元同級生ルームメイトで実はCIAだった子のほうがかなーり格好良いのに・・・っと前にも思ったけど(笑)、今回その彼があの「トゥルー・コーリング」のトゥルーの恋人だったルークだったんだとわかり納得。(でもあの時とかなり雰囲気違うけどね。)
他にレギュラー陣には、チャックの姉にはあの「恋するブライアン」のマージョリーの女優さんがいたり、ド素人スパイ(?)なチャックをカバーするためにCIAなサラとともに張り付くNSAのエージェントにはアダム・ボールドウィン(インディペンデンスデイのミッチェル少佐、吹替えはまた山野井仁さん)がいたりする。
あと、「The OC」の縁でかレイチェル・ビルソンなどのゲスト出演もあるらしい。どうせならスパナチュ縁でディーンやサムを熱望(爆)。他にもサードウォッチなカルロスのゲスト出演もあるらしい。

そして、ヴェロニカ・マーズS2。
S1は、あれだけきっちりと攻略し、セッセとわりとマメにアップしていたのに、S2は放置気味で・・・ (((((^^;)
と言うのも、S2になってからの、ヴェロニカの、私は本命は前からずっとダンカンよ・・・的なノリにどうも不満で(笑)、それじゃローガンがカワイソウすぎるだろ~っと思うし、またそんなローガンはローガンでケンドールといつまでも~だったり、他の子に手を出したりと、なんともイライラするあまり、録りつつ、ところどころを観たり観なかったりしてるうちにS2が終わった(笑)。
でもさすがに最終回をチラっと覗きみると、あら、なんともスゴイ展開(ある意味かなり無茶?(爆))になって終了したみたいなので、じゃぁ、また再放送されてるうちにでもちゃんと消化しておくかな。
とりあえず、ダンカンはS2までの登場らしく、また今後S3が放映されるとしても、もうヴェロニカ&ダンカンのコンビは無いと言うのも安心だし。ヾ(・・;)ォィォィ(やっぱローガンよね。結局はソコ?(笑))

そして、ホワイトチャペル。
全3話と短いシリーズだけれど、あの切り裂きジャックの模倣猟奇殺人犯を追う刑事達のUK発なサスペンスドラマ。
主役のキャリア組警察官僚ジョー・チャンドラーには、”MI-5”等のルパート・ペンリー=ジョーンズ。(最近WOWOWにも立て続け登場しますねー♪)
まさか19世紀末の殺人鬼絡みなわけないだろうとするベテラン刑事陣と、切り裂きジャック関連の観光案内や本の出版で生計を立ててそうな変人研究家がいたり、その彼に一目おいて捜査を始めるジョーとの絡み具合が面白い。


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/690-0c95bf88

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。