上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の冒頭、あれは爆発後、倒れている松沢に近付く住本?

FISHが爆弾とともに潜んでいると見られる団地の一室827号室への監視を強化し、SAT突入の機会を待つオモテの捜査陣。なんせ場所は一般の団地。隣接する部屋に工作班を闇に乗じて入室させ、内部の様子を探る。
内部には複数の人影とドラム缶の存在も確認されるが~。
ただ、ニケの筆跡とは違う数字の血文字に拘る住本は、さらなる調査の為に突入に待ったをかけ、有賀はそれを認め一日の猶予を与える。
情報の真偽を確認するためにも、ジュリオの身柄を拘束して吐かせることを提案する住本。
しかし、既に店からジュリオの姿は消えていて消息不明。警察の情報が流れているのか?
そんなジュリオはどうやらFISHに連絡を取っているようで、彼に対するFISHの指示は愛子の始末らしい。
そしてFISHの口からは、テロ決行宣言と、警察は手を出せないと言う言葉が・・・?

ジュリオには一億と言う多額の金と別人となって海外へ身柄を移しての安全の保証をすると言う条件を用意し、そんなジュリオを呼び出す手段としてまたまとまった金を渡して愛子を接触させるよう指示を松沢に出す倉田。
その資金の出どころはと言うと、官房長官村松に倉田が交渉、内閣官房機密費を出させる。(しかし、あんなところの金庫にそんな現金がドーンと入ってるのね・・・まぁ、本来は人質交渉等に使われるべき~っと言ってたから、現金でないとすぐ使えないのだろうけど・・・)
再度愛子に仕事をさせようとする倉田及び松沢の動きを不安に思う住本、ニケ同様な犠牲に愛子をしてはならないと言う思いが強いため?
マスコミに一部情報が流出した為、突入時間が繰り上げられ、住本に与えられた時間も短くなる。

実家に帰し警護を付けている住本の妻子のもとには、住本から詫び状(?)と離婚届が届く。
そんな住本には、またかつての松沢の同僚、所轄の久保田が接触してきて、警察との関係を断たれ、今やその消息すらも明らかにされないまま隠蔽されたニケの妻を引き合わせる。
そんなニケの妻には、彼の死体を確認したことも語れず、自分にも今も彼の行方がわからないとつっぱねる住本に対して殴りかかる久保田、なされるがままの住本。(松沢もだけど、まぁ久保田もなんか鬱陶しい存在ねー。)
松沢らが愛子とジュリオの接触の準備をすすめるなか、住本から愛子に電話が。住本の反対や彼が直接担当しない不安からか、愛子は動揺、仕事をおりると言う。そんな松沢からの報告に憤る倉田。もはや愛子も松沢も必要としないと言い放つ倉田だった。

殴られたせいか、朦朧とする中、死んだ両親の幻影、少年時代の自分の姿も見る住本。
ニケの妻に渡されたニケが住本に渡そうとしていたと言うプレゼント、ネクタイ(?)で、自らの首を絞めようとする住本、ニケの幻が”あなたは正しい”と告げ、そのプレゼントに一緒に入れられていた写真を見つける住本。
ニケが住本のために自ら探って掴もうとしていた情報、それは軍人姿の写真だが、調査ではジュリオが軍人であった経歴はない為、自分たちが接触していたジュリオは実は偽者と言う情報だった。
そのことを愛子にも知らせる住本に、過酷な任務を強要されたから協力したわけではなく、出口の見えない暗闇のような生活から引き上げてくれた住本のために自らやったこと、彼が望むのなら協力すると再びジュリオとの接触を志願する。
そして、SATによる団地の部屋への突入とほぼ同時のタイミングで、住本の指示によりジュリオと接触する愛子。
指示された任務のために愛子に銃口を向けるジュリオだったが、自分が警察のスパイとして接近していたことを詫び、撃たれることも覚悟の上で彼にどんどん近付いてくる愛子に、ジュリオが告げた言葉は・・・彼らはテロリストではない~っと。(どうやらやはり愛子に落ちているのはジュリオのほうだったらしい、彼は愛子を撃てなかった。)

SATが突入した部屋に居たのは、ジュリオが告げたとおり、本物のFISHらではなく、工場で働いていたただの外国人作業員達だった。しかも置かれているドラム缶の薬品は爆弾処理されておらず・・・住本の連絡もあり土壇場で無駄な犠牲を出さずに済んだはずだが、上層部らは事態の責任を住本に求め、住本及び住本班の謹慎を言い渡す。(なんか違うだろうに・・・やっぱありがちな官僚体制?)
そして、住本班がようやく掴んだ情報は、テロと警備会社スペード社の繋がり。テロに対する備えに疎い日本で儲けようとする外国企業?株価の値上がりにほくそ笑んでる様子だし・・・なんたってCIA推薦で官房長官に取り入ってくるわけだしねぇ、そりゃどう見ても怪しいでしょう。
で、また爆発事故後の病室の松沢を見舞う倉田の映像。全て住本がやったことって・・・・。
さらに、来週最終回予告も何がなんだかよくわからないし、やっぱり最後まで謎はひっぱるのねーーー。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/699-c2762bb6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。