上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NTACは生還者たちを収容所に強制連行を続けているが
収容所では既に発症している生還者に死者も出始めていた。
医師ハドソンらは徹夜で対策を研究していると言うが、
マイアの症状が重いのもあり、我慢できずダイアナはハドソンに銃を付き付け、これまで生還者たちに何をしていたかを白状させる。
生還者たちの特殊能力を抑えるための抑制剤を定期診断時に
ライランドの指示により投与していて
そのための副作用が今回の重い症状を招いた真相がはっきりする。
バーコフ博士によると、抑制剤を投与されていない生還者の血液から
治療薬が作れると言うことだったが・・・。
該当するのは・・隠れ家から飛び出したリリーに連れられている赤ちゃんイザベル。
そのイザベルは、リリーに次々と幻覚を見せている。
(協力的だった元夫ブライアンが豹変してみたりと、妙だと思ったぁ(爆))
上司ライランドに迫るトムに、ライランドはカイルがジョーダン暗殺者であるという真実を知っているネタで脅す。
トムはカイルの逮捕を恐れ、再度逃がす準備をしようとするが、
肝心のカイルは、自供のメモを書き自首しようと決めていた。
医師ハドソンが謎の自殺。
ライランドにより自殺と見せかけて始末されたと考えるトムやダイアナは、
彼からの書類に”ファイアーウォールのメモを探せ”と謎のメッセージを発見。ライランドの元秘書のもとへ・・。
証拠書類を手にすぐにライランドに迫るつもりのダイアナに
トムはカイルの件を話し1時間の猶予を願う。
イザベルがリチャードたちの居る隠れ家に戻りたいがために
自分に次々と恐ろしい幻覚を見せたと知ったリリーは隠れ家に戻る。
そして、バーコフ博士により治療薬が完成するが、注射器に入った薬はわずか一人ぶん。博士の指示により、ショーンに打つダイアナ。
(そうよ、ショーンが治れば、治癒が出来る!)
カイルの自首の決意を知ったトムは、リチャードたちの隠れ家を包囲するライランドに立ち向かう。

自首の前にショーンを訪ねたカイル、自分がジョーダンを無意識下で暗殺してしまった事実を告げる。
未来人の何かが自分のなかにあると言うカイルに、力の戻ったショーンは・・。
とりあえずあれで今回はしっかりカイルの体内から何かが出て消滅したってこと?

事態の解決に喜ぶダイアナに、マイアは、これから始まる・・・戦争が~っと。
トムと一緒に自首するカイル。
これまで特殊能力の目立たなかったリチャードには念動力が・・。
治療薬を自分に打つバーコフ博士。
イザベルの姿が消えたと思ったら、ショーンのところに現れて・・。
生還者たちが最初に戻った湖には、死んだはずのジョーダンの姿が・・。
・・・っと全て続く~~の形で、シーズン2は今回で終了。
特に次シーズンの放映決定~みたいな文字は「ミディアム」のように流れなかったけど、ちゃんと放送してくれるよね?>WOWOWさん
1、2と放送したんだから、もちろんアタリマエに次シーズンも予定しているんだと信じたいっ!(爆)
できれば早めにねっ!
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/72-92e88ccf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。