上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第3話
赤ちゃんをあやす若い母親のところを訪ね、警部補を名乗り彼女の夫の身に起きた異変を告げる身なりのイイ男。
女性が夫の身を案じ動揺しつつも家に招き入れると彼の様子は急変し・・。男は女性を拉致し車のトランクに詰めたあと、その家の壁中に血文字を描く。その血は、十年前の同様の事件の被害者の血だった。当時の容疑者バージェスは、一旦は逮捕されながらも、証拠不十分で釈放、その後さらに行われた潜入捜査では、潜入捜査官に暴行を加えられたとして警察をも訴えていた。そして、被害者は、さらにその後、血を抜かれた死体となって発見されたらしい。被害者の全身の血を抜いてみたり、殺人に至る現場としてボートを所有してみたり、まるで”デクスター”な犯人。
リプリーの調べもあり、バージェスの犯行現場であるボートに辿り着くが、既に被害者は冷凍庫の中で亡くなっていて間に合わず、すぐに報告しようとするリプリーを制止し、次の被害者が襲われる前に手を打つべく、バージェスに罠をかけようとするルーサー。リプリーは、その強引なやりかたに当然苛立つが・・・。
今回、ゾーイの恋人マークが帰宅途中、不良少女軍団に襲われ暴行を加えられると言う事件も起きる。
マークは、ルーサーの差し金と思い、すぐに署に相談に現れるが・・・実際、その犯行は、アリスの仕業だった。そんなアリスのところへは、今回のバージェスの事件に関してヒントをもらいに行くあたり、ルーサーと彼女の関係は、ホントに不思議な絆。自分が取った突発行動によって、マーク暴行の件でルーサーに疑いがかかると知ると、すぐに当のマークに真相を伝えに言ったりと、正直なんだか、なんなんだか、アリスの行動ってホント不思議、並みの人間じゃ理解不能っぽい。そんな彼女に近い位置を保てる唯一の人物として、やっぱりルーサーを高く評価してるアリスなんだろうね。そして、ルーサーを信じきることができなかったことを詫びにゾーイが彼を訪ね・・・またその密会(?)現場を高みの見物してるアリス。
どうなの?ルーサーに何気に愛を感じてるようだし、ちょっとした謝罪と言うかプレゼントなつもりなのかな?アリスには想定内の結果だろうし。

第4話
女性を殺害し死体を遺棄し立ち去る犯人。しかもなんだか遺留品を現場に意味ありげに並べてる?被害者のペンダントも奪った(記念品か?)模様。でもそれほど凶悪な風貌ではなく、普通に小太りな気弱な中年男っぽいが・・・。
一人で帰宅途中の若い女性が殺害されると言う事件がこの5週間で3件も続いているらしい。そして犯行と犯行の間も短くなっていて、いずれも工業団地近く、監視カメラに映る怪しい白いバンの情報もある。ルーサーは、犯人は犯罪歴のある者だと推理する。
また、ルーサーがみすみす転落させたマドセンの意識が戻り、動揺が隠しきれない。その件とは直接関係ないとは言え、監視も受けるだろうし、当然ながらもう会うこと話すことは不可能だと言うルーサーのボヤキ(?)にアリスが何もしないわけもなく・・・。
一方、はからずもルーサーとのヨリが戻った感のゾーイは、同居する恋人マークとの関係も複雑。
連続女性殺人犯の男グラハムには妻リンダがいて(MI-5のルース登場!お久しぶり!)例のペンダントを誕生日プレゼントに妻に贈っている(ウワァ、最悪(>_<))。体型的にはMI-5のハリーと大差ない(爆)グラハムだけど、普通っぽいけど、その奥に秘めた感じの異常さ(?)が逆に気持ち悪いよ。(ルース気の毒、違っ。)
ルーサーは、被害者がいずれも何の疑いもなく犯人の車に乗ったと思われることから、タクシー運転手が犯人なのではと推測する。(これは王道な感じよね、タクシーかパトカーか・・・って感じでしょ。)
そして監視カメラの映像から絞り込むが、グラハムは次の犯行に及ぼうとしていて、帰宅を急ぐ女性に親切な言葉をかけ、タクシーへと誘いこんでいた。捜索で停止させるタクシーは、実はグラハムの車じゃなく、その運転手を取り調べてる間に次の犠牲者が出てしまう。
ルーサーから、マドセンのことを聞かされたアリス、しっかり(コスプレ、じゃなく(爆))女医に変装し、マドセンの病室に難なく近付き、彼の息の根を止めてしまう。
始末が終ったことをルーサーに連絡してくるアリス、まさかホントに感謝の言葉を期待してたかどうかは、ウーンだけど、ゾーイとの関係をやや修復させてあげたり、証言の邪魔なマドセンの始末をしてあげたことに関して責めるルーサーにさすがにキレるアリスと、それを受け、電話口で署内にもかかわらず大荒れするルーサー。
グラハムの妻リンダには不倫相手もいた。ほどなく容疑者としてグラハムがあがり(昔の写真、別人のようにロン毛?)、家は不在だったこともあって、妻リンダがまず聴取に呼ばれようとするが、すぐにリンダがグラハムを問いただそうと携帯で連絡を取ってしまう。そして、彼女の証言、またグラハム逮捕に向けての協力を得ようとルーサーは手段を講じる。(ルースが、殺人夫に関する証言で取り調べられてるなんて、ちょっと違和感だけど(爆)、さすがにこの女優さんは、上手いねー。)
グラハムの異常さに加えて、彼がコントロールできなくなったきっかけが自分の浮気を知ったからであることを告げるリンダ。ルーサーは、グラハムがその浮気相手デニスを次に狙うと確信するが、その時、既にグラハムはデニス宅に到着していた。デニスを一気に殺害したグラハムは、なんとそのデニス宅からデートクラブへ発信し、何食わぬ顔で娼婦レイラを呼んでいた。次の被害者はもちろん彼女。現場には、リプリーやリードらがリンダも同行させて急行する。ルーサーは、レイラに電話し、グラハムに気付かれないように安全な場所へ移動することを告げようとするが、すぐ気配を感じ取ったグラハムは、彼女を追いつめていた。(シャイニングのジャック・ニコルソンみたいだったよー(>_<))
現場に到着したリンダの呼びかける声が聴こえ、グラハムの手が止まり、レイラは間一髪で助かる。リードらに逮捕連行されるグラハム、怖いことに、現場で殺害されたデニスの死体を発見したリンダがグラハムが持っていた凶器を振りかざし・・・。ルース(だから違うけど(爆))にここまで・・・っと言うか、ルースだから特に壮絶だったと言うか~な事件デシタ。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/732-396638a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。