上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第15話 ピーター

1985年の陸軍研究本部で若きウォルターが軍幹部相手に(もう一つの世界の)デジタル携帯電話を見せつつ大演説をぶちかましている。さらには、その世界を覗くことのできる”窓”を発明したと説明している。大きな額縁のようなその装置の中にもう一つの世界の映像が見える・・っと。
(そして、今回は別世界バージョンだからなのかオープニングタイトルの音楽が違う!)
ピーターの姿に特殊な力によってあの光が見えてしまったオリビアの元へ、ウォルターは、説明しにやってくる、その装置な”窓”を持って。当時もう一つの世界の研究に没頭していたウォルターだったが、幼いピーターが重い病気になってしまったため、もう一つの世界での自分がどう対処しているのかを知りたい一心となる。もう一つの世界のはるかに進んだ技術ならピーターの病を治せるのではないかと思ったから。ウォルターの研究室には助手ウォーレンもいれば、ピーターの母親もまだ生きている。(幼いピーター、やけにプクプクなんですが・・・重い病気なわりに。)
そして、ついにピーターが病で亡くなってしまい、葬儀。(墓地にはニーナ・シャープの姿も(若造り(笑)))
その後、もう一つの世界のウォルター(ウォルターネイトと彼は名付けた)がラボでピーターの治療薬製造を成功させる瞬間を装置で目撃したが、その時ウォルターネイトは、ラボを訪ねて来た監視人に気を取られ成功の瞬間に気付かず終わってしまった。それを装置で目撃して嘆くウォルターは、なんとかもう一つの世界に行き、研究の成功に手をかし、せめてもう一つの世界でのピーターだけは救おうとする。
ウォルターネイトの実験を参考にし治療薬を完成させたウォルターは、薬を持ってもう一つの世界に行こうとする。
モラルの領域を超えてしまおうとするウォルターを心配するウォーレンはニーナにも相談するのだったが~。
監視人は監視人で、自分がウォルターネイトの研究を妨げてしまったことに気づき、監視人仲間に相談(別世界バージョンなので、”バック・トゥ・ザ・フューチャー”がエリック・ストルツ版?で登場(笑))、その穴埋めをする機会がくるはずだと監視人仲間に言われている。
凍った湖の場所でもう一つの世界に行こうとするウォルターをウォーレンとニーナで必死に止めるのだが・・・。(ニーナのあの手はその時の怪我によるものだったんだ・・。)
持参した薬が移動時にダメになってしまったため、ウォルターは、ピーターを連れて自分の世界に戻ろうとする。(その時、ウォルターネイトは、ケンブリッジに出張していたらしい。)本物のウォルターネイトだと思う妻やピーターに完成した治療薬を試すためにピーターをケンブリッジに連れて行くとウソをついて連れ出すウォルター。そして装置で移動した瞬間、湖の氷が割れてしまい・・・。二人を湖から救いだしたのが監視員だった。無事にもう一人のピーターを治療薬で治したウォルターだったが、自分も妻も、ピーターを元の世界に帰すことで再び失うことなどできなかったのだと、オリビアに打ち明ける。

第16話 コーテキシファン

ピーターのことを知ったオリビアはウォルターに頼まれたように秘密にすることに苦しむ。思わず久々にボーリング場のサム・ワイスを訪ねてみたりもする。プロビデンスで全く健康に異常のなかった若い女性弁護士ミランダが、カフェで知人と会った直後に急に全身に大きな水泡が現れ運転中に死亡する。ウォルターの検死によると、通常は皮膚の表面には現れない肉腫が表面に現れているという。腕には何者かが彼女に触れそこから急速に肉腫の細胞が進行したと見られる。
(冒頭ちょっとだけ出演、あげく水泡だらけの死体になりウォルターに解剖されることになったミランダ役はダイアン・クルーガー。なんで?っと思ったら、ピーターなジョシュア君の恋人だったのね。)
オリビアらの調査で、ミランダは直前に重病らしき男と会っていたとわかり、ガンが急に感染するはずはないが、ある特別な接触によって自分の病気の進行を遅らせ、相手には一気にガンを発生させることがあるかも知れないとウォルター。
次に同様なことが別の男性の身に起きる。さらに調べると同様な死亡例が他にも何人かあった。
被害者の共通点を調べることにするが、その中の一人の名前にはオリビアはかすかに覚えがあったが、誰だかわからない。
オリビアの様子を心配した(?)サム・ワイスが訪ねてきて、彼との会話のうちにオリビアはその覚えのある名前のことに気付く。ジャクソンビルでコーテキシファンを打たれた子供たちの施設にあった身長計にその名があったのだった。被害者は皆、その時の子供たちだった。やがて、今度はオリビアの住まいを男が訪ねて来る。その直前まをで、ちょうど被害者の資料をオリビアが見直していて、彼は最初の被害者の弟ジェームズで、その当時ガンで闘病していたが突然完治し、直後に姉が倒れていた。姉弟ともにもちろんコーテキシファンの被験者で・・・。ジェームズはオリビアを襲ってくるが、なんとか防戦する。そしてオリビアに携帯で助けを呼ばれたピーターも駆け付け無事。ジェームズは入院させられ薬を打たれこん睡状態に。彼を眺めながらコーテキシファンの被験者のことで話し合うのは、ニーナとブロイルズ。
今回のことで、ピーターに話そうとしていたことを思いとどまったオリビアと、逆に、やはり自分から真実をピーターに話すことを決意したウォルターだった。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/735-1eee3075

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。