上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第17話 白いチューリップ

駅に到着したばかりの列車の一つの車両の乗客全員が突然死すると言う事件が起きる。
一見では全員が心臓麻痺によるものに見えたが、乗客の持つ電子機器製品の全ても停止していた。ウォルターの検死により、いきなり全身の細胞からエネルギーが奪われていたこともわかる。ちょうど車両に乗り込んで物乞いをしようとしていた少年が怪しいコートの男が降りるのを見かけたと証言。監視カメラの映像からその身元がわかり家を捜索するが、部屋には無数の複雑な数式がびっしりと壁に。彼は天体物理学の教授、ペック博士で・・・。出たっ、ロボコップ!イヤ、ピーター・ウェラー!
やがて自宅の捜索現場に彼は大胆にも戻って来た。そして乗客らの死は一時的なものだと言い、彼の手には何やらシールドが・・・。そしてまた、列車事故発生時の現場検証に時が戻ってしまう。
ペック博士は、タイムトラベルに執着した研究をしていたらしい。彼の時間移動により周囲の電子製品や周辺の人の停止が伴った?
彼には10か月前に交通事故で死んだ恋人がいて彼はその事故の前の時点へ時間移動を試みているらしい。しかし、彼が戻るのはいつも同じ列車で・・・。
ウォルターが直接彼の説得にあたるが、彼の数式のミスを指摘しながらも、自分がピーターにしたことを彼に打ち明け、それは神に背く行為だったと言い、自分が犯した間違いをしてはいけないと言うのだった。
しかし、ペック博士は、ウォルターのアドバイスにより数式を完成させ、交通事故に遭う直前の恋人の時点についに到達。しかし、彼が選んだ決断は・・・。神の許しのサインとしてウォルターが決めていた”白いチューリップ”が(ペック博士の手によるものだが)ウォルターに郵便として届く。

第18話 真実の代償

マサチューセッツ州ウースター、廃倉庫前に車を止めていた若い男女が倉庫内に現れた奇妙な物体に・・・。
女の死体が車で発見され、口には例のシェイプシフターの三つの傷が。そして倉庫内には男のほうの死体、やはり口内に同じ傷。その死体の側には発達途上の謎の物体が。ウォルターによれば成長に失敗したハイブリッドな一体だと。
その頃、例の店であのトーマス・ジェローム・ニュートンが待つところを、男女の姿に移ったシェイプシフターが訪ねていた。
ニュートンは、3人だと”長官”から聞いたと言い、彼らはもう一人は失敗したと・・・それがあの発展途上物体?
さらに倉庫で男女が襲われてる頃にちょうど周辺では電波障害が起きていて、それはシェイプシフターへの命令となる暗号ではないかと・・・マッシブダイナミックで調べると、その電波と同時刻の太陽の電波に似ていて、その異次元から放たれたズレのある電波とこちらの世界の電波がある時間で同調する瞬間があると言う。その現象が起きるのは、明日の午後。
ニュートンは現れた二人と作戦実行を打ち合わせていた。変異の失敗により一人人数が減って作戦の中止を訴えるメンバーに対して強行を指示するニュートン。二人には次のシェイプシフトするターゲットがあたえられる。
その頃、ウォルターによってラボでは発展途上のシェイプシフターの”卵”がふ化されようとしていた。
しかしいくつかの意味不明な言葉を残し、さらにウォルターの手を取って謝罪し息絶える。
足りなかった3人目の役目は、どうやらニュートン自らが果たし、3点を結ぶ形の装置を設置し、あちらの世界からこちらの世界へ何かを送り込もうとしていることがわかる。阻止するために妨害装置で対抗しようとするウォルターら。場所が川の上に架かる橋の上であることも特定され向かうが、強烈な破壊力により周辺にいる者は跡形もなくなると言う装置らしい。
オリビアやウォルターも退避させ橋の上で妨害装置で奮闘するピーターだったが・・・。
現場でFBI捜査官が一人跡形もなく消滅する一方、ピーターは弾き飛ばされたものの無事。
さらに橋の上で歩いてくる”あちらの世界の”男の姿も目撃する。
このことで、ウォルターが全てを打ち明ける前に、自分のことを知ったピーターだった。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/736-ffae7289

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。