上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第7話
前シーズンで同僚リードをアリスやマークと協力して倒したルーサーだけど、実質リードを撃ち殺したのはアリスだけど、その後彼らはどうなってるのかなーっと思ったら、やはりルーサーはしばらく停職(?)してた模様、そしてやっと仕事に復帰することができるらしい。(そういえば、前シーズンの最初もそんな感じの始まりじゃなかったっけか?)まぁいろいろと抱えるものの重すぎるルーサーなんでしょうね。
そして、やはりルーサーに協力してたこともあり、相棒リプリーは制服警官に降格(?)されていたが、今回のルーサー復帰でルーサーみずからが、リプリーを招集に行く。そして、今回のチームのボスは、前シーズンで一緒だったベテランのマーティン。あの迷惑な女性ボスは責任を取ってやめてたみたい、そりゃ良かった。(爆)
今回の事件は、連続女性絞殺惨殺事件。犯人はマスクをし、堂々と現場から監視カメラに犯行を主張するサインを送るなど挑発的異常者。リプリーも戻ったチームに新たに女性刑事グレイが加わってるが、前の女性ボスほどじゃないけど、何かとルーサーとはかみ合わない感じで、うーん、今度は邪魔なのはコイツか?っと思ったら、何やら以前にルーサーが扱った事件の犯人の妻らしいキャロラインと言う女性が署に、その非行娘をなんとか救って欲しいとルーサーに頼みにくる。(唇が妙にプックリ、コラーゲン注入系なオバサン(失礼(^_^;))、この人もどうも今シーズンのトラブルメーカーっぽいな。)
そうこうしてるうちに、また同様手口で若い女性が犠牲に。
現場検証時に即座にルーサーは野次馬の中に怪しい人物を発見、咄嗟に尾行し追い詰めるが、用意周到な犯人は逆にルーサーに反撃をくらわし難なく逃亡する。
しかし、ルーサー、襲われながらも犯人に咬みついてそのDNAを調べさせようとするなんて凄すぎ。
そそ、アリスは、厳重警備の病院に収監されてる模様で、ルーサーは面会に行く。彼女は病院で何度も自傷行為に及んでいるらしく手首の包帯は痛々しいものの、久々のルーサーとの対面には嬉しそう。そして、むしろ刑事の職務を続けるルーサーを心配しているほど。で、そのままルーサー引き上げか・・・っと思ったら。まぁどうやってあっさりとあのカードキーを手に入れたんでしょうね(爆)。やっぱりアリスの強い味方らしい、ルーサー。
キャロラインに頼まれ、その娘ジェニーを保護しに行くルーサー。拒絶するジェニーに一旦引き上げようとするが、やっぱりココは放っておけないのがルーサー。やっかいな少女(?)を抱え込むことになるのもルーサーらしいし、協力をあのマークに頼むところも、彼らの微妙な関係が続いてるのね。
犯人はDNAからキャメロンと言う若い男と判明、彼の住まいをリプリーとともに調べに行くルーサーに、またキャメロン本人から電話が入り、次の犯行を予告する。さらに夜には、犯行現場からライブ映像を送りつけ、ルーサー達に見せると言う異常さ。キャメロンの元恋人を聴取後、彼女を安全のため家に送り届けるグレイとリプリーだったが・・・。彼女についてその部屋の点検に入ったグレイじゃなく、狙われたのは外で車で一人待機していたリプリーだった!!
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/743-6531889a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。