上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4400


WOWOWでの放送をもちろんシーズン1から観ているのだけれど
エピソードアップは、 (((((^^;)シーズン2だけしかしてないので
今回ウェブログターミナル様に送っていただいた非売品のDVD第1話で久々に再鑑賞しました。同梱していただいたプレスシートと言うのでしょうか、これまた大きい!
DVDのレンタルも開始されたようでこれまで未見だった人にも広がるかなー♪

こうゆうキャンペーンもやってるし♪↓




両親と車で出かけた少女マイア、ほんの少しだけと言う約束で一人森の中へ・・そのとき彼女の頭上から光が・・。
韓国の部隊に駐屯中のリチャード、黒人と言うことで上官や同僚に
差別を受け辛く当たられている。彼の頭上にも・・。
35年目の結婚記念日の食事へと向かおうとするベイリーの頭上にも・・。
従兄弟のカイルとビールを飲みながら語っているショーンの頭上にも・・。
それぞれが皆違う時代にも関わらず、同じように頭上に光が現れ失踪する。

そして、これまでにない巨大彗星が地球に近付くと話題になっている現代。
ショーン失踪後、その場に倒れ残されたカイルは、それからずっと意識不明の植物状態。
息子カイルの看病にあたる父親トム。
どうやらその後夫婦は別れたようで、父トムだけが3年もの間
ほとんどつきっきりでカイルの側に居るらしい。
謎を知ると思われるショーンの行方をずっと捜しながら。

地球に接近していた彗星がスピードをあげ、さらに進路を変え、
このままでは地球に衝突する危機となり、
NTAC(国土安全保障省)シアトル支局に勤務するダイアナは、緊急呼び出しを上司ライランドに受ける。
ミサイル攻撃によりなんとか地球との衝突を避けようと各国がミサイルを打ち上げるが失敗。
誰もがこの世の終わりを覚悟したとき、突然彗星は目的地点を定め
まるで着陸態勢に入る。
そして彗星と思われたその巨大な光の球体は、シアトル近くの山のふもとの湖へと現れ、衝撃とともに中から現れたのは、これまで失踪していた4400人の人びとだった。失踪時と何も変わらぬままに・・。
生還者の中に、失踪したショーンの姿を見たトムは、
休職中だったNTACに復帰を願う。もちろん失踪の謎を探るためだった。
生還者たちは、ひとまず収容所に集められ、各自面会をしたり・・。
トムはショーンに面会するが、カイルの植物状態があるため
ショーンに非難めいた言葉をかけてしまう。

収容所でリチャードは、生還者のなかに、かつての恋人リリーに似た女性に出会う。彼女もリリーと言い、なんとかつての恋人リリーの孫娘だった(二人の失踪時代がそれぞれ違うからねー)。

生還より6週間後、これ以上彼らをむやみに収容継続できないと解放命令が出る。
家族のもとに戻る者もいるが、もちろん時がそれぞれ経っているわけで
自分の環境がすっかり変わっている者も~。
リリーは、娘ハイディと夫に会いたい一心で家に戻るが夫は既に再婚し歓迎されない。
リチャードもまた、昔の住まい近くに行くが、もちろん見知らぬホームレス達が居るだけだった。
年老いた妻は、老人施設にいて、その面倒を見ていくために
昔の仕事場である会社を訪ねるベイリーは、既に共同経営者の息子の代になっていて冷たく追い返される。

既に両親は居ないマイアは、親切な夫婦のもとに引き取られていくが
ダイアナを慕うマイアは、すぐ戻ってくると謎の言葉を残す。
引き取られた家で、何気に椅子の上に靴を揃えて乗せるマイア。
理由を聞かれると、”濡れると困るから・・”。
彼女の予言(?)どおり、洗濯機からの水漏れで部屋が水浸しに。

拒絶した元共同経営者の息子の屋敷を訪ねるベイリー。
出ても来ない様子に怒りを爆発させるベイリー、門をひたすら揺らしていると、衝撃が屋敷に走り・・。

・・・っとまぁ、第1シリーズは、全6話。
保存版を発掘して(爆)遅まきながら2話目以降もエピアップを完成させる・・つもりではいます。
シーズン2とシーズン1のアップ順が逆になっちゃうけどねー(笑)
(ただし時間はまだまだかかるかも~ (((((^^;))
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/81-0993b1e9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。