上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウニョンに同行するつもりが、駅でミジョン母をみかけてしまったチェハは、その後を追い、その間にウニョンの列車は出発。
でもせっかくあとさき考えずに追いかけたのに
すぐにその姿見失ってるし・・チェハ。(意味無し~(爆))
さらに、もう一度、父から術後に亡くなったと聞かされたウニョンの
ことについて、病院を訪ね確認するが、
もちろん担当医はチェハ父と結託しているわけで・・。
病院に現れたチェハの姿をイナの友人記者が見かけ、イナに報告。
ついでに、調べていたチェハの少年時代の事故のことなども報告。
ラフティング(ゴムボートでの激流くだりのスポーツだとか)の
事故で大ケガを負い、一ヶ月後に回復したときには、
ピアノも弾けず、記憶も失っていたという事情があったらしいと。
(その時点でチェハ少年に、スホがすり替わったのねー)

チョンサン島に帰ったウニョン。
一足遅れで後を追ったチェハ。
チェハにとって久々の思い出の地、チョンサン島のはず・・。
(二人がたまたま宿にした民宿が一緒で、たまたま隣同士の部屋で
さらにそれぞれ知らずに携帯で話をするなんて・・
まぁ、これはチョットやりすぎ設定でしょう~(爆))

そして、翌日、思い出の菜の花畑に立つウニョンの姿を見た瞬間、
チェハは確信し(やっと・・って気もするが^_^;)それからはもう
涙が止まらず・・・
でもウニョンは、まだ全く気付いてないのだものねー。
母の墓へチェハを案内しては、術後すぐに聞かされた母の事故死のこと、スホ父子を恨む気持ちや、心に出来た涙の井戸のことなどを語る。

あとで、一人ウニョン母の墓に戻ったチェハ、
墓前に泣きながら謝罪。せつないよねー。
一方、チェハの行き先をウニョンが向かったチョンサン島と確信するイナは、フィリップを引き連れ、急遽ロケにかこつけて速攻で後を追う。
イナは、チェハが自分の知るチェハとは違うこと、
そして、チェハとウニョンがチョンサン島で過去に繋がっていることを
感じとっていて~。

ウニョンが島に戻っていることを知ったミジョン母は、すぐに帰還、
ウニョンらのスタッフの食事の世話など手伝う。
ご対面となったチェハには、その面影に・・・(・・?どっかで会った?
当のウニョンやチェハは、再会でピンと来なかったのに、
意外とこのオバサンは勘が良いのねー(爆)
ウニョンの昔のいきさつをミジョン母から聞きだしたイナは、
その話に登場した”イ・スホ”の名を、チェハにぶつける。
あーーあ、当のウニョンより先にイナの知るところになったことで、
何やらまたややこしい展開になりそうだぁー。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/89-89d7cffc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。