上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マシンガン強盗が連続し、犠牲者も出る。
さらに強盗に押し入られる直前の店で買い物をしたと思われる二人の若者たちも、同様にマシンガンで殺害されて発見。
彼らの身辺調査から、偽札製造の疑惑が浮かび、
財務省からは偽札事件をずっと追っている担当のキムが捜査に加わる。
キムは、かつてドンがアルバカーキーに居た頃の恋人で・・。
チャーリーの調べで、今回の偽札は描き手が以前の人間と変わっていることがわかる。
さらに少し前から行方不明になっている贋作者マーゴが描き手と判明する。
偽札犯はマーゴを誘拐し描かせている。
早く発見しなければ、描き終わるときっと彼女も始末されてしまう。
今の段階で偽札が使われた場所からデータをあげ、
チャーリーは数式を使い犯人の居場所を絞り込もうとする。
マーゴのこれまでの作品に夫の名が誰にもわからないように
隠されているのを発見したチャーリーは、偽札にも同様に
彼女が誘拐されている場所など功名に隠して伝えようとしているのでは
ないかと確信する。
その発見に至っては、アミタからのアドバイスも受けるチャーリー。
捜査段階であたった老練な犯罪歴のある偽札犯、
彼の若い息子達が犯行グループだったことが判明。
マーゴも無事に救出し、事件解決。

キムとの過去を全く知らなかったチャーリーは、ショックを受けるが、
兄と疎遠だった頃と今とでは、徐々にその関係も修復されているという
実感も同時にある。
ともにドンの過去の女性であったキムとテリーのバッティングってのも
けっこう見もの(爆)
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bibidrama.blog55.fc2.com/tb.php/94-dffbbef6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。